神奈川県立綾瀬西高等学校PTA

神奈川県立綾瀬西高等学校

ホーム > あいさつ

PTA会長

「気軽にPTA活動を」
PTA会長 田中健一

PTA会員の皆様、日頃はPTA活動にご協力いただきましてありがとうございます。私はPTA役員として学校に関わらせていただいてますが、学校に来るたびに、子供達の元気な姿をみると、いつも元気をもらえる感じがします。高校生活は長いようで短く、あっという間に過ぎてゆく3年間ですが、子供達には悔いの無い高校生活を送ってほしいと思ってます。私もPTAの皆さんと接することによって、私自身も成長させていただいていると感じでおります。本当に感謝しております。話はかわりますが、以前宇宙に関する本を読んだ時に、宇宙のどこかで、二つのブラックホールが衝突したときの波動を観測する事ができたという内容でした。これはアインシュタインが100年前予言して、50年前から実証するために科学者たちが挑んできました。この目に見えない、あるかどうかもわからない波動を観測できた事を自分なりに解釈しました。私たち人間は一人では生きて行けません、常に誰かと関わっています。人と人が仲良く楽しい状況なら周りの人も楽しい気持ちになります。逆に良い雰囲気でないときはこちらもいやな気持ちになります。私たちの体もひとつの宇宙と言われてます、そう考えると目に見えないものがあるのかなと感じます。以前、米ハーバード大学医学部の研究者たちが言っていた言葉があります。「誰かの幸福感に変化が起きると、それは周囲にも伝わる。幸福感や充足感というものは、個人がそれぞれに感じるだけではない。人から人へと伝わり、大勢に共有される傾向がある。」と言ってました。
私は親として、子供に、こうなってもらいたいという想いがありますが、それが伝わらないと感じたりもしますが、重力波という目に見えないものがあるように、私たちの心や想いも目に見えないけど、きっと届くのではないかと思ってます。まずは私たち親がいつも元気で何があっても希望を持って子供を見守っていく事が大事ではないかと思ってます。
これからもPTAは子供達の為という気持ちを持ちつつも、私たち親も充実した3年間にしていきましょう。何より楽しく活動してまいりたいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

学校長

ただいま!
学校長 野村 泰弘

PTA及び同窓会の関係者の皆様、日頃より本校の教育活動にご理解とご協力、ご支援をいただいていることに心より感謝申し上げます。

一昨年3月に本校の副校長より転出し1年がたち、校長として戻ってまいりました。職員からは、「おかえり」と迎えられ、生徒たちにも「どっかで見たよね~」と声をかけられ、懐かしい気持ちで過ごしております。

始業式、入学式も終えて、授業が始まり、あらためて学校内の様子を見てみると、「年々良くなっているな」、「学校がきれいになってきているな」、「生徒が明るく素直になってきているな」などと感じております。
グラウンドや体育館、校舎内で部活動に熱心に取り組む姿が見られます。また、放課後や休み時間には、職員室前の学習スペースで、先生に質問しながら学習に取り組む生徒を毎日のように見かけます。

このように、生徒たちがよりよい環境で、活動できるのも、PTAや同窓会の方々の支援のおかげです。一昨年には、グラウンドの照明、昨年は、正門・中庭に照明を設置し、生徒の活動や安全面が格段に改善されました。

今年度は、「学校内外をきれいにしよう!」という目標を掲げ、生徒・職員・PTA・同窓会などが一体となって、学校をリフレッシュしたいと考えております。きれいな学校で、生徒たちがいきいきと活動し、成長していくことを楽しみにしております。ぜひとも「チーム綾西」の一員として、ご支援、ご協力をお願いいたします。

同窓会長

ホームページの活用について
同窓会 山田 賢治

PTA関係者の皆様ならびに、学校職員の皆様のご協力により、当ホームページに同窓会からのメッセージを発信できるようになり、早いもので1年が過ぎようとしています。

管理運営に携わる関係者の皆様には、この場をお借りいたしましてあらためて御礼を申し上げます。

また、同窓会会員の皆様におかれましては、それぞれのお立場で、ますますご健勝のことと思います。

まだまだ、ホームページの存在をご存じでない同窓生も多いのではないかと思いますので是非口コミでも広めていただき、多くの方に綾瀬西高校の在校生の活躍や、学校の近況がお届けできればと思っています。さらには、同窓会会員相互のコミュニティとしてより一層活用していただきたいと願っております。

特に「同窓会サポーター」の活動では、綾瀬西高校の発展はもちろんのこと、同窓生の情報交換の場として仕事、子育てなどにも広く活用していただき、行く行くは、少々大袈裟ですが、個々の社会生活においても一助となるような活動になればと思います。

まだまだ少数での活動ではございますが、1人でも多くの方の参画をお待ちしております。是非、情報をお寄せください。